読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webディレクターでいこう

フリーランスWebディレクターのアレコレを書いていきます

Adobe Typeより源ノ明朝がリリース。フリーの明朝体フォントと比較してみました

f:id:sala1107:20170404204321p:plain

Adobe Typeより源ノ明朝がリリースされました。

source.typekit.com

源ノ明朝フォントは、源ノ角ゴシックと対をなす東アジア人向け(簡体中国語、繁体中国語、日本語、および韓国語)の統一された書体デザインのニーズに応えるためにリリースされたフリーのWebフォントです。太さも7段階から選ぶことができます。

 

Typekitのライブラリから無料でダウンロードができ、Webフォントとして使用できるのはもちろんのこと、システムに同期してデスクトップフォントとしても使用できます。

 

もちろん、Win、Macともに使えるので、Winで作成した資料をMacで開いたら該当するフォントがなくて違って見える、ということも、双方に源ノ明朝がダウンロードされていれば問題なく閲覧することができます。

 

では、源ノ明朝とは、どのようなフォントなのでしょうか。

早速、フリーの明朝体フォントで比較してみました。

 

f:id:sala1107:20170404221222p:plain

 

f:id:sala1107:20170404220547p:plain

 

このように比較してみると、ヒラギノ明朝Proが力強く、平成明朝Stdがポップな印象ですね。

源ノ明朝はこの中では游明朝に近い品のあるフォントに仕上がっていますが、游明朝の方が少し華奢でしょうか。この源ノ明朝はMediumですが、LightやBoldも対応されており、太さを変えることで印象を変えることもできます。

 

今まで明朝体を使うデザインはMacならヒラギノ明朝、Winなら游明朝、というようにfont-familyの指定をすることが多かったと思いますが、今後はOSの垣根を越えて源ノ明朝が明朝体の標準Webフォントとして活躍してくれそうですね。