読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webディレクターでいこう

フリーランスWebディレクターのアレコレを書いていきます

読書のススメ。本は他人の経験を疑似体験する割安な方法

f:id:sala1107:20170331012807j:plain

勉強方法として「【初心者向け】Web制作に必要なツールを無料で学べるサイトまとめ」では無料で分かりやすいチュートリアルを紹介しました。それと合わせて私は本もお勧めします。ここで言う本は、ビジネス書や制作ノウハウを解説した本です。

 

私はコラムやブログはもちろん逐一チェックしていますが、どうしても情報が断片的になってしまいます。参考になるTipsはどんどんクリップしますが、いざというときにすぐ出てこないときもありますし、「アジャイルvsウォーターフォール」といった、正解のないオピニオンブログの内容は、その人の現場や立場によって発言が大きく異なります

  

それにひきかえ本は良いです。本は知見のある人物が順序立てて分かりやすく解説してくれます。しかも大体1冊2000~3000円程度。最近、流行りの○○サロンなどにお金を払うよりも遥かにコスパが良いです。

 

もちろん、「買わなきゃ良かった」と後悔する本もありますが、その場合は著者名をチェックして、「この会社の○○さんは、こういう考えの人なんだな。」と自分の知見のひとつとなります。

 

読書の習慣をつけるなら、まず始めにお勧めしたいのがこの本です。

レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディング

 

他人の経験を疑似体験する割安な方法

汗水たらし、血のにじむような努力をした他の人の数十年分の試行錯誤の軌跡が、ほんの数時間で理解できるよう本の中には情報が整理されているのです。

(2006年)本田直之「リバレッジ・リーディング」

 

「速読」ではなく「多読」を勧める本です。じっくり読書をするのではなく、自分に必要な情報を短い時間で自らの知見として取り込むノウハウが書かれています。

 

私は本にメモ書きをするのは好きではないので書き込みはしないですが、全体をサラッと流し読みして、興味のある箇所だけ何度も読み返す、という癖がつきました。

ある程度、時間が経過した後に読み返すと、意外と忘れていることも多いです。

 

この本は、私がまだWebディレクターになったばかりの頃に読書家のリーダーが勧めてくれた、読書の大切さ、本の選び方、本の読み進め方を教えてくれる原点となった思い入れのある本です。

 

「本は読みたいけど仕事が忙しくて時間がない」という方にも役に立つ本ですので、興味がある方はぜひ読んでみてください。